'."\n" ?> 海外に行くならANAカード徹底比較

ANAカード 比較



海外に行くならANAカード

マイルカード(クレジットカードでマイルがお得)、便利な一体型

“マイレージ”って、ポイント還元の時に、一緒によく見る語句ですね。マイルということから、飛行機での旅行に関連することで、普段余り関係ないのかなと思って、正直、ほとんど関心の対象ではなかったのです。それが、ヒョンなことからマイルを利用している友人の話を聞いていて、チョット認識が違っていたようなので、 調べてみようと思い立ったわけです。

マイレージのマイル加算条件や交換ルールなどは航空会社によって それぞれサービスが違っているようですね。マイレージは、アライアンスという提携グループに分かれているので、アライアンス内でサービスを共有しているようです。 現在、アライアンスは3つあるということでした。マイルサービスはどこも変わりない、ということではないようですね。各航空会社のマイレージプログラムは、それぞれに違った特徴を打ち出しているので、 利用対象を自分に合ったもので選んでおかないと あまり得にはならないようです。ライフスタイルと照らし合わせて選ぶことが大事、 ということですね。

マイルというと、貯めることが目的になりがちだそうなので、 気をつけておきたいのが、常に使うことを前提に選ぶことが 一番重要なところ、と言われています。今は、マイレージカードとクレジットカードが一体になった マイルカードがあるようです。anajcbカードzeroもその一つです。このカードなら、 特別なことをするわけではなく、普段の生活で利用していれば、 マイルが貯まるわけです。しかも年会費無料ときているからうれしい特典ですよね。有効期限の長さを吟味しておけば効率的に利用できる、ということで、 やっぱり意識しないで利用できる分、 便利でお得なカードなのかもしれませんね。

とても便利な即日融資について

金銭面で困った場合に頼りになるのが金融機関のキャッシングです。もちろん、知人や友人にお金を借りることができる人はそれでも良いのかもしれません。しかしながら、知人や友人にお金を借りるということはトラブルに種になりかねないのでリスクがあります。もちろん、きちんとお金を返すことができるのであればあまりトラブルを心配する必要はないのかもしれません。ですが、お金をきちんと返したとしても、借りた金銭額がいくらであったのかわからなくなってしまったり、利子の有無でもめたりすることがあります。そのようなことになってしまった場合には、お金を借りた知人や友人との人間関係が壊れてしまいます。ですから、そのようなことは避けるためには金融機関でお金を借りるのがベストな選択です。これまで、お金を金融機関から借りる際には審査のための時間があり、すぐにお金を用立ててもらえることはできませんでした。しかし、最近では即日融資が誕生して、とても便利になりました。即日融資というものは、これまでは時間のかかっていた審査を融資の申し込みの日に終わらせてくれるのです。したがって、その審査に通過したのであれば申し込みをしたその日にお金を借りることができるのです。つまり、これまでにかかっていた審査の時間が大幅に短くなったおかげでお金を借りる側のメリットが大きくなりました。ですから、計画的にお金を借りるのであれば、キャッシングの使い方の幅が広がったのです。

消費者金融

借金が増えすぎた方に紹介するおまとめローンの審査

物価が上昇しているのに給料は下がるばかりの状況で、多くの人々が消費者金融などから多重に借金をして返済が困難になっているケースが増えていますが、そういった多重債務者に紹介するのが、複数の借金をひとつのローンに一本化するおまとめローンと言うサービスです。おまとめローンのほとんどが銀行機関の提供するサービスなので、その安全性は保証されています。審査自体も比較的通り易いローンサービスも多く、借金の返済で悩んでいる多重債務者にとっては、まさに渡りに船となる便利なサービスです。審査に一度通ってしまえば、月々に返済する借金の額も返済可能な範囲にまで少なくすることが可能で、さらに金利の面でも色々と大きなメリットを得られるため、こういったおまとめローンを利用することが多くの多重債務者に推奨されているのです。最近ではこういった複数の借金を一本化し、返済を計画的に行うための方法などが公開されているため、そういった公開情報を参考にしながら借金の一本化を行っていく方法を紹介します。月々の返済額を少なくすることができれば、生活にも余裕が出てくるため、多重債務の返済で乱れた生活環境を立て直すことも簡単になります。健全な社会生活への復帰への第一歩として、こういったおまとめローンを積極的に有効活用していくことが、多くの多重債務者を救う手段となっていくのです。多重債務の解決に大きな力になっていくこのサービスの魅力を、もっと多くの人に知ってもらいたく紹介しています。



手を出してはいけない闇金

便利な即日融資や、おまとめローンについて簡単に述べてきましたが、闇金って何でしょうか?借金をした事がない人にとっては、闇金という呼び方は知っていても、どの様なものか知らない人が多いのではと思います。闇金は、一度でも個人情報を提供すると人生を破滅させる事にもなりかねません。ここでは闇金について詳しくお話ししたいと思います。

闇金とは

TVコマーシャルでよく見る消費者金融(アコム、レイク、プロミス、ノーローンなど)は、貸金業という登録を行い、その法律の上で消費者に対して融資を行っている機関を言います。この貸金業の登録無しに消費者へ融資を行う事は法律で禁止されています。闇金とは、この貸金業の登録を持っていないにも関わらず消費者に対して融資を行っている組織を指します。

闇金の実態

ではそんな登録の無いところから借りなければ、闇金はなくなるのではないのか?と思う方も多くいると思います。しかし実際、闇金は無くなりません。それは何故か?それは闇金からお金を借りざるを得ない人がいるからです。具体的に例を上げると多重債務者や無職の人などです。

お金に困り、お金を借りたいと望む人の中には一時的に発生する急な出費に困り借入を望む人と、多重債務者や無職の人などの様に慢性的にお金に困り借入を望む人がいます。多重債務者や無職の人は、基本的に消費者金融と呼ばれる会社からは融資を受ける事が出来ません。

それは融資を受けるための審査に通らないからです。消費者金融では、融資を行うに当たりその人が安定した収支を得ていて、継続的に返済が可能かどうかを判断する審査があります。この部分がクリア出来ず、融資を受ける事が出来ないのです。しかしながら、多重債務者や無職の方は、すぐにでも現金が必要な状態の人が多く、藁をもつかむ思いで融資をしてくれる融資先を探します。その結果、闇金に手を出してしまうという人がいるからです。

闇金の恐怖

これまでの話しから考えれば違法をしているけど、困った人に融資をしていると言った意味ではすごく助かる存在ではないか?と感じる人がいるかもしれません。しかし、それは甘い考えです。

もうお分かりかと思いますが、闇金のターゲットとなる消費者は、多重債務者や無職の方など、消費者金融でお金を借りる事が出来ない人という事になります。基本的に自分で収入を得ていない専業主婦の方も、このターゲットになる可能性が大いにあります。

闇金という存在は、実は融資をほとんどしてくれません。融資をしてくれたとしても、多くて4,5万円程度です。後はその小額の融資金に対して、法外な利息で継続的に取り立てをするだけです。

闇金のターゲットを見ても分かる通り、お金に困っている人=お金を返せない人という事を闇金は知り尽くしています。そんな人に大金を貸す訳がありませんよね。闇金はお金に困っている人につけ込んで甘い言葉で小額のお金を貸付、貸付事実を作り上げた上で「貸し付けた人間からお金をもぎ取るだけもぎ取る」のが目的です。

具体的な手口

闇金の手口の基本スタイルは「貸し付けた人間からお金をもぎ取るだけもぎ取る」とお話ししました。では、その具体的な手口はどの様な方法でしょうか。それは至ってシンプルです。闇金の基本的な手口は次の通りです。消費者が、インターネットや電話を通じて闇金に融資のお願いをするとします。

そうすると、指定する事務所に来て下さいと言われます。その事務所(ひょっとしたら事務所ではなくマンションとかかもしれません。)に行くと、いかにもやばそうな雰囲気の方が出てきます。そして、必要書類に個人情報を記載させ、即審査に入ります。審査は見せかけです。

すぐに終わります。(おおよそ5〜10分程度)その後、「融資可」という返答をもらいます。ではその融資金額は?というと、大体2〜5万円程度です。しかしながら可決された融資金額の満額は渡されません。なぜなら、先に10日分の金利を取られるのです。

(これを天引きと呼びます。)おかしな話しですが、先に10日分の金利を取られる訳です。そのため、手渡される金額は、大体融資可決額の7割程度(3万円だと2万1千円くらい)になります。そして、10日後に返済日がやってきます。その額は、融資された金額の1.5倍程度となります。(3万円だと4万5千円くらいです。)

いわゆる高利貸しと呼ばれるやり方で、昔では「トイチ」と呼ばれていましたが、現代では「トサン」とか「トゴ」とかです。10日で3割とか5割の利息を返済しなければならなくなります。当然、お金に苦しくてお金を借りているのに、10日後に借りた金額の1.5倍なんか返済できないですよね。

返済出来なければ最後。後は執拗に携帯、会社、自宅など様々なところに返済の督促電話が入ります。これで会社にばれてしまいます。会社だけでなく、家族や親族にも大迷惑どころか、地獄と言えるほど執拗に取り立ては繰り返されます。

この様に、貸し付けた人間を執拗に追い詰めていくのが闇金です。組織的に運営している業者もいれば、個人的に運営している人もいます。更に怖いところは完済をさせてくれません。契約書も作らなければ、領収書の作成もしないため、色々な理由を付けて、利息を増やしていき、「貸し付けた人間からお金をもぎ取るだけもぎ取る」のです。

闇金の取り立てはあなたが想像するより地獄

闇金の取り立てというのは、想像をはるかに超えるものです。利息が膨れ上がり、返済が滞ると、一日に数百回というとんでもない程の電話をかけてきます。応対するのが嫌になり、無視をし続けると、今度は勤務先、家族、親族、友人など、あなたに繋がりのあるありとあらゆる人に連絡をし、根も葉もない理由で借金を肩代わりさせるようにします。

闇金は、自分以外の周りの人にも異常なほどの嫌がらせや迷惑をかける事が最大の恐怖と言えます。そして、借金返済の目途が立たないと判断されると、最終的には闇金業者から債権回収業者と呼ばれる者に引き継がれます。この債権回収業者は、その債務者に借金返済を理由に色々な仕事先提供を持ちかけます。もちろん、一般の人が嫌がる職業です。(俗に言う風俗関係や、死体関係に従事する仕事など)

さらに、そこでも借金完済をさせずに、永遠と借金のために働かせるといった極悪非道な手段で債務者を追いつめます。こうなってしまうと、恐らく闇金の取り立てから一生逃れる事が出来ないと言えます。また、仮に運よく完済したとしても、それはそれでその債務者にはお金があると判断され、ありもしない事実を突き付け、また言い寄ってきます。そして、債務者から根こそぎお金を吸い上げます。お金を借りたい一心で、インターネットや広告など、言葉巧みに甘い誘惑をしている業者の95%は闇金と思いましょう。

優しい闇金も登場

前述の通り、闇金と言えば、高金利、取り立てが執拗で悪質といったイメージですが、近年では闇金はそのスタイルを少し変えてきている様子が伺えます。高金利は高金利ですが、「トイチ」や「トサン」といったものではなく、2週間で2割、3割といった率で貸し付けを行います。しかも、返済に遅れそうな時は、事前に電話をすれば少しくらい待ってくれ、更には取り立ても以前の様な悪質さが軽減されています。

対応がソフトな闇金、いわゆる「ソフト闇金」が増えてきています。その様な対応の良さからか、利用者の中には、闇金と分かっていながら、その親身な対応についつい長く付き合ってしまう人も多いようです。大手消費者金融や銀行から融資を受けられない、あるいは総量規制を超える借入がある方が、このソフト闇金から融資を受ける人が少なくありません。

融資を受けられる金額は小額融資が多く、たいていの場合、10万円以内。小額貸付を行い、確実に返済してくる人には、除々に融資額を上げ、金利についても少し優遇したりします。「即融資OK!」や「ブラックでも融資可能!」などと言った甘い文句で、インターネット、雑誌、時にはスポーツ新聞の広告にまで掲載しているソフト闇金もあります。

実はそもそも、ソフト闇金の最初のターゲットは主婦だったのです。総量規制などが法的に定められてから、専業主婦の方にとっては借入が出来る金融機関がほぼ皆無に等しくなったため、そこに付け込んだのがこのソフト闇金です。ソフト闇金は、その貸付する人からお金を巻き上げられるかどうかだけが判断要素となりますので、法的なものに準拠する事は全くなく、無職の人にだって、お金を巻き上げられる可能性があれば、即融資を行います。

優しい謳い文句についつい手を出したくなるのですが、ソフト闇金も闇金は闇金です。返済が滞ってくると、その取り立てもだんだんエスカレートしてきます。優しい謳い文句には必ず罠があるのです。

闇金と街金の見分け方

大手消費者金融はTVCMなどでも知名度が高く、まず間違いなく安心して借入を申し込む事が出来ます。では、中小消費者金融はどうでしょうか。知名度が低く、地域密着型の貸金業を営んでいるため、一見するだけでは判断が付きません。では、闇金と街金はどのように見分ければよいでしょうか。

まず、一番確実な方法は以下に掲載する登録貸金業者情報検索入力ページで、借入を申し込みしようと考えている業者が貸金業者として登録されているかどうかを確認する事です。また、一般的に闇金が消費者を勧誘する手口としては以下の方法が挙げられます。

  • 優良な中小消費者金融になりすました広告で消費者を勧誘する
  • 確実に融資可能。即日融資OK。ブラックの方でも融資可能などといった甘い宣伝で勧誘する。
  • 貸金業者として、掲載しなければならない項目を掲載せずに勧誘する。
  • 官報などの情報を得て、債務整理を行った者をチェックし、TELなどで低金利融資をネタにした勧誘する。

などです。大手消費者金融とは異なり、知名度が低い分、その信頼性が不明である点を巧みに利用し消費者を誘惑させるのが闇金の常套手段です。特に優良な中小消費者金融のなりすまし広告はインターネットでよく見受けられます。

また、融資可能といった甘い宣伝で勧誘する業者や、掲載しなければならない項目を掲載せずに勧誘している業者は、次の事を確認する事で闇金かどうかの判断が出来ます。

  • 貸金業者の商号、名称または氏名
  • 登録番号
  • ホームページURL、電子メールアドレスまたは電話番号(携帯電話、IP電話を除く)
  • 貸付の金利
  • 返済の方式、返済期間、返済回数

これらの項目は、貸金業を営む規定上、広告や自身のホームページ上で、必ず掲載しなければならない内容です。1つでも抜けがある場合は怪しいと業者という事を認識しましょう。

闇金業者に借入してしまった場合の対処法

もし自分が闇金業者に借入してしまった場合は、とにかく一人で抱え込まない事です。いち早く弁護士に相談する事が必要です。闇金を相手にしっかりと対応してくれる弁護士が世の中にはたくさんいます。

なぜ弁護士が闇金に対して対等に接する事が出来るのか?答えは簡単です。闇金が消費者の弱点を知っている様に、弁護士は闇金業者の弱点を知っています。その弱点を突いて、闇金業者から消費者を守るのです。それは、素人が出来るような対処法ではありません。まずは弁護士に相談し、闇金業者の魔の手から少しでも早く逃れられるようにするべきです。

この様に、闇金とは非常に危険な存在である事を認識し、例え自分がお金に困り、どうしようもない状態に陥っていたとしても、絶対に手を出してはいけないという事を理解する事が必要です。世の中そんなに甘くはありません。









更新:

このページの先頭へ